2017/10/17

ラーニング・ワークショップ#36

画像に含まれている可能性があるもの:空、雲、テキスト
マインドエコーのラーニング・ワークショップ#36

ワールド・カフェにおけるテーブルホストの役割
〜”ファシリテーター”ではなく”意味の執事”〜
      
【企画の趣旨】
ワールド・カフェでは、20分から30分ごとに各テーブルのメンバー構成を替えながら話し合いを続けますが、常に同じテーブルに留まる役割の人がいます。それが「テーブルホスト」です。
ワールド・カフェの対話を実り多いものとするためには、テーブルホストの役割が重要だと言われています。しかし、テーブルホストが、どのような態度や振舞いをすれば良いのかについては、これまであまり語られてきませんでした。テーブルホストは、「ファシリテーター」ではなく、「意味の執事」だと言われますが、それは何を意味しているのでしょうか?
テーブルホストの役割を正しく理解することは、ワールド・カフェの司会・進行を担当する「カフェホスト」にとっても極めて重要なことです。
この講座では、ワールド・カフェの基本原理と、その基礎となっている「ダイアログ」について理解を深めた上で、テーブルホストに期待される役割と、具体的な振る舞いについて探求します。

【講座の内容】
解説と演習を交えて次について学びます。
⑴ グループ対話の難しさとワールド・カフェ
⑵ ワールド・カフェのプロセスと基本哲学
⑶ ワールド・カフェの基礎としてのダイアログ
⑷ カフェホストの役割
⑸ テーブルホストの役割
・ワールド・カフェで起こりがちなこと
・テーブルホストとは
・テーブルホストはファシリテーターではない
・テーブルホストの役割
・テーブルホストはどう振る舞えば良いのか
 
【日時】 2017年11月11日(土曜日) 
       午前10時〜午後5時半
【場所】 akiba code
     〒111-0053, 東京都台東区浅草橋5丁目-4-5  
ハシモトビル4階 電話 03-5835-0180
https://akibacode.blogspot.jp/p/blog-page_11.html

【定員】   12名
【参加費】  20,000円
【申込方法】
次の情報を添えて mindechoe@gmail.com にメールでお申し込み下さい。
その後参加費のお振込方法をご連絡します。
 お名前 :
 所属 :
 eメールアドレス :
 ご連絡先電話番号 :
 ワールド・カフェ経験の有無 :

【講 師】 香取一昭
マインドエコー代表(組織活性化コンサルタント、ファシリテーター)、1967年東京大学経済学部を卒業後、電電公社入社。米国ウイスコンシン大学でMBA取得。営業局市場調査担当、ニューヨーク事務所、仙台支店長、グループ会社社長、NTT西日本常勤監査役などを歴任し、学習する組織の考え方による組織変革を推進。現在は、ホールシステム・アプローチを活用した組織変革やコミュニケーション活性化に従事。著訳書に「コミュニティ・マーケティングが企業を変える!」「ホールシステム・アプローチ」「ワールド・カフェ」「ワールド・カフェをやろう!」「フューチャーサーチ」「俊敏な組織をつくる10のステップ」など多数。

1 件のコメント:

コメントを投稿