2019/04/05

マインドエコーのラーニング・ワークショップ#52

画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外、テキスト、水
対話型組織開発とダイアログ基礎講座
〜集合知を生み出す対話の技術〜

【講座の概要】
対話型組織開発に対する関心が高まる中で、学習する組織とダイアログについても再び関心が向けられるようになりました。「学習する組織」は1990年にMITのピーター・センゲが提唱した組織開発の基本原理ですが、それはまさに「対話型組織開発」そのものです。
そして学習する組織を実現する上で重要な5つのディシプリンの一つとして取り上げられたのが「ダイアログ」です。「ダイアログ」は、立場や見解の違いを超えて、テーマに意識を集中し、オープンに話し、オープンに聴きながら探求を深めることにより、集合知を生み出す会話の手法です。
ダイアログは、学習する組織を実現するための「5つのディシプリン」の重要な柱の一つであり、ワールド・カフェに代表されるホールシステム・アプローチの様々な手法の基盤となっている考え方でもあります。
この講座では、最近における組織開発の潮流と学習する組織の考え方を捉えるとともに、ダイアログの基本原理とプロセス、成功の条件などを学び、ダイアログを組織やコミュニティに導入する方法についても考えます。
また、ブレインストーミングとダイアログの良いところを組み合わせた「アイディアログ」という手法についても解説と体験を行います。

【カリキュラム】
<午前中>
オープニング&チェックイン
対話の難しさ
今なぜダイアログか?
ダイアログとは
ダイアログ成功の条件
<午後>
組織開発の潮流
学習する組織とダイアログ
ダイアログのバリエーション
ピアスピリット・ダイアログ
アイディアログ
職場への導入方法
チェックアウト&クロージング

【日時】 2019年4月20日(土曜日) 
        午前10時〜午後5時
【場所】  akiba code
 〒111-0053, 東京都台東区浅草橋5 -4-5  ハシモトビル4階
電話 03-5835-0180 https://akibacode.blogspot.jp/p/blog-page_11.html
【定員】   20名
【参加費】  10,000円
【申込方法】
次の情報を添えて mindechoe@gmail.com にメールでお申し込み下さい。
その後参加費のお振込方法をご連絡します。
 お名前 :
 所属 :
 eメールアドレス :
 ご連絡先電話番号 :

【講 師】 香取一昭
マインドエコー代表(組織活性化コンサルタント、ファシリテーター)、FAJ(日本ファシリテーション協会)フェロー。1967年東京大学経済学部を卒業後、電電公社入社。米国ウイスコンシン大学でMBA取得。営業局市場調査担当、ニューヨーク事務所、仙台支店長、グループ会社社長、NTT西日本常勤監査役などを歴任し、学習する組織の考え方による組織変革を推進。現在は、ホールシステム・アプローチを活用した組織変革やコミュニケーション活性化に従事。著訳書に「コミュニティ・マーケティングが企業を変える!」「ホールシステム・アプローチ」「ワールドカフェ」「ワールドカフェをやろう!」「フューチャーサーチ」「オープンスペース(OST)実践ガイド」「俊敏な組織をつくる10のステップ」「ラーニングファシリテーションの基本」など多数。